HEAVY BODY PAINT
2016
ミクストメディア (LCD display, 4K video image, acrylic paint) Mixed media (LCD display, 4K video image, acrylic paint)
映像を映したモニターに直接ペイントするという手法を確立させた、前作「Body Paint」から発展した作品。「Body Paint」で主題となっていた「Body =身体」を画面から排除し、ペイントに使用する 「絵の具のボトル」そのものを被写体にすることで、よりメディアへの言及と抽象度を高めた。絵の具のボトルという一見してそれ自体には意味が無いものをモチーフにし、ボトルの中に詰められているのと同じ色で、それを映しているモニターを塗ることによって、映像とそのメタ的存在(そして物質) としてのモニターとの間に、意味的な循環構造を作り出している。そして映像の中に意図的に「手振れ」 という身体性を残し、微妙にボトルが揺れることでペイントの固定された質感と呼応し、独特の立体的な視覚効果を生んでいる。映像のグレードを 4K へとアップグレードし、映像部分の質感も増したことで、ペイント部分との境界線がより強調され、絵画と映像、意味と無意味との間をさまい、見ている人間が「何を見ているのか」ふと分からなくなる、そんな不思議な存在感のある作品になった。 HEAVY BODY PAINT follows Body Paint, a series in which exonemo paints directly onto monitors projecting video footage. In this new work, the human body motifs are replaced by the paint jars themselves. These works therefore more directly reference the issues of mediation and abstraction. The video monitors are painted the same color as the subjects in the video footage, generating a cyclical structure of signifiers between the footage and the monitor, material and metaphysical existence. Deliberately retaining the physicality of hand-held ‘camera shake’ in the footage, the bottle subtly trembles in contrast to the fixed texture of the paint, creating a fascinating visual stereo effect. Additionally, the footage in this series was shot and presented in 4K (3,840 × 2,160 pixels), a quadrupling of resolution from the previous series, bringing a more visceral sense of texture in the footage, and serving to further blur the border between the world in the monitor and world outside of it. It is a work with a strange existence, wandering between painting and video, apparent significance and insignificance in which viewers often lose a sense of what they are looking at.
展覧会Exhibitions
2016 ICC Open Space 2016 "Media Conscious" (NTT InterCommunication Center, Tokyo, Japan)
2016 ICC Open Space 2016 "Media Conscious" (NTT InterCommunication Center, Tokyo, Japan)
コレクションCollections
Thierry Tilquin Thierry Tilquin